仕事で使われるスタンダート3DCGソフトの比較

【3DMAX】 
Maxはとにかく商用プラグイン豊富な事による即効力が評価されてる模様。
特徴はやたらとモディファイヤスタック。

長所 
1.ワンクリックで使える機能がてんこ盛り。
2.プラグインソフトやユーザースクリプトが沢山あって、いくらでも機能が増やせる。
3.モデリングの機能が良い。
3.維持費がハイエンドにしては突出して安い。
4.スクリプトを組みやすい。
5.計測ツールやビューポート関連の機能が充実している。

短所 
1.やや安定性に乏しい。
2.ライセンス管理が独特でドングルのほうが便利という人も多い。

【MAYA】
MayaはMELとDG(依存グラフ)で整理されたアーキテクチャが特徴みたい。
とにかくMELでなんでもできるらしい。プログラマを囲えるようなユースで重宝されてる模様。

長所
1.慣れるまでに時間はかかるが慣れると最も操作しやすいという人が多いインターフェース。
2.統合されたシミュレーションフレームワークを備える。クロスシミュレータは業界最高性能。
3.スクリプトなどを組みやすい。
4.以前はレンダリング関係で問題が多かったが、最近、全体的にかなり安定している。
5.機能の組み合わせやカスタマイズで最も柔軟性が高い。

短所 
1.維持費が高い。格差脱出研究所
2.ノンリニアは高度なことができない。
3.モーフ機能が古臭い。インフレが起こりそう

【SoftImage XSI】
長所 
1.キャラアニメ機能は総合ソフトとしては突出している。
2.非破壊のワークフロー。キャラモデリングの機能も良い。
3.スライダーを動かした結果が即座に画面に表示されるなどのインタラクティブ性が高い。
4.メンタルレイが統合されている。パスを追加して状況に応じてシーンの一部を書き換えるといったこともやりやすい。

短所 
1.北米と比べて異常に高い価格と維持費。マニュアルの日本語化も異常に遅い。
2.やや安定性に乏しい。ホンネのFX比較
3.上の二つのソフトと比べると、スクリプティングやカスタマイズの敷居が高い。
4.シミュレーション関連の機能はプラグインとして提供されているので、内部の機能と組み合わせて使うには色々と制限が多い。結果mayaと比べるとかなり見劣りする。
5.高機能だが独自すぎて慣れるのに時間がかかるインターフェース。

・ PRR

・ PRC

・ PageRank表示リンク

・ ページランク別相互リンク集

・ スピード相互リンク

・ ページランク表示ツール